さかまつ毛を治す即効性のある秘策とは?a0777_000023

1.上がらないまつ毛はさかまつ毛かも

ぴんと上を向いているまつ毛、憧れますよね。輪郭が広がって強調されるおかげで、目がより大きく見え、光が入るので瞳もきらきらします。そうなると人の視線も集まるので、アイメイクにも気合いが入るといいことずくめ。

まつ毛が下を向いているから、ビューラーやマスカラに時間をかけるという方もいると思います。でもそれ、ただの下向き加減のまつ毛じゃないかもしれません

さかまつ毛という言葉をご存知でしょうか。下向きというよりむしろ、眼球に向かって内向きに生えるまつ毛のことです。

ビューラーでも、カールマスカラでも手に負えない。何だかいつも目がチクチクする…そんな方は、さかまつ毛を疑ってみてもいいかもしれません。

2.さかまつ毛を治そう

さかまつ毛はアイメイクがしにくいだけではありません。

眼球に向かって生えるので、その状態が長く続くと目を傷つけ、視力が低下していきます。さかまつ毛で、かつ目の悪い人は、視力がさらに下がることを予防するためにコンタクトを眼科医さんから勧められることもあるんです。

でも、根本的な解決方法にはなっていませんよね。まだ目が悪くない人は、コンタクトが必要になるまで待つわけにもいきません。

そこでとくに女性に多く勧められているのが、まぶたを二重にすること。いわゆるプチ整形です。

一重の人に多いさかまつ毛は、二重にすると解決することがほとんどです。そしてこのプチ整形は、美容のためではなく、視力低下を防ぐ処置として認められます。つまり保険適応で手術が受けられるのです。

手術の費用は、両目でなんと1万円程度。美容目的だと10万円から30万円の費用が必要と言われているので、破格の安さと言えます。

二重にあこがれる方は多いですが、やはり整形ともなるとハードルが高くなります。

目の健康のためであれば気軽に手術を受けられますし、何より視力の低下は怖いものです。

気になる方は、一度眼科で診てもらうといいかもしれません。



スポンサード リンク


ページTOPへ

「女優・モデルのメイク方法と美容の秘訣」TOPへ