「ちっぱい」で悩んでいませんか?おっぱいを着実に大きくする方法 ASE_009500

1.何歳でもちっぱいは絶対に改善できるもの

ボリューム感がない、膨らみがどこかさみしいちっぱいでもグラビアアイドルのような大きなおっぱいを自分の日々の努力次第で手に入れることができることをご存知でしょうか。

おっぱいは大きくする方法をきちんと理解することでAAAカップのようなちっぱいでも綺麗でボリュームのある、バランスの良いおっぱいを手に入れることができます。

ダイエットとは異なりバストアップは長期戦となるため、かなり長い時間が必要となることを理解し、根気よくより短期でできるように精一杯努力をする必要があります。

また加齢と共におっぱいを大きくする方法は、実行しても不可能になると言われていることが多く、成長ホルモンが分泌されない20代半ば以降のちっぱいに悩む女性「もうおっぱいを大きくはできない」と思ってしまう方も多いことでしょう。

しかしそのようなことは、一切ありません。世の中にはいくつになっても努力をしてカップ数を上げる事に成功したは沢山います。最後まで理想のおっぱいを手に入れることができるように努力をしていきましょう。諦めない気持ちが大切です。

2.ちっぱいを成長させるための生活方法

ちっぱいを大きくする方法の中でも最も大切なのが食生活、生活習慣の改善です。

食生活は、おっぱいを大きくする方法の中でも有名なものが多く「キャベツなどの食物繊維を摂ることが良い」「豆乳など女性ホルモンに直接働きかけることができる食材を積極的に摂ることが良い」などと数多く知識が世間では出回っています。

おっぱいを効率良く大きくする方法を実行したいと考える場合は、このようにちっぱいを成長させやすい食材を積極的に摂るようになりましょう。

おっぱいは、脂肪でできているため、積極的に栄養を考えて摂ることが良いです。おっぱいを大きくする方法を効率良くするためにも栄養や成分に気を配りながら食材や食事を行っていきましょう。

そして次におっぱいを大きくする方法で大切なのが生活改善をしっかりとすることです。生活の中でストレスが多く蓄積される生活を送っていると血行不良などが起こりやすいため、ちっぱいになりやすい傾向にあります。

冷えなどの原因も生活の中で蓄積されるストレスが主な原因といわれており、冷えも大きなおっぱいを作るためには大敵なものとなるため、避けたいのです。

睡眠不足もおっぱいの発育を阻害しちっぱいを進行させる原因となります。(医学的な統計データで日本の夜ふかしする女性が多い県に比例してちっぱい率も高くなるというデータがあります)

豊乳・巨乳を目指すのであれば生活リズムの乱れや生活習慣の中でも健康的でないと感じられる行為は絶対にすぐに避けるようにしていきましょう。

3.誰もがハマる?ちっぱいになる落とし穴

また、ちっぱいの原因として問題になっているのが、若年期の過剰なダイエットですね。

テレビや雑誌ではまるで人形のように手足の細い女の子が活躍していて、それに憧れて過剰なダイエットをしてしまう子が増えています。

若年期の栄養の摂取は胸だけでなく脳や各種器官の発育にも重要なのは容易に想像できますが、学園生活という人との触れ合いが多い学校生活や、女性ならではの美への意識が、そういった簡単な考えでさえ吹き飛ばしてしまいます。

結果として、おっぱいの発育が疎かになったり、生理が不順になったりするなど、身体へのダメージは深刻です。

特に中高生に過剰なダイエットは多くみられますが、人間は逆に中高生の時期こそ身体は少しふくよかになろうとします

それは人間の体の自然な仕組みであり、必要であるからそういう働きになっているのです。その際におっぱいは大きく発育し、女性らしい身体になっていきます。

つまり、中高生の時期のダイエットこそ「自ら女性らしさを捨てている行為」にあたるのです。

一時の感情でそれに気づかない10代の女の子はどれだけいるのでしょうか。また、それを指摘してあげられない親はどれだけいるのでしょうか。

なぜこれほど口酸っぱく言うのかと言いますと、私自身が当事者だったからです。

10代の頃は男子の目線やクラスの女子からの評価が気になり、食べたいものも我慢して、サラダやノンカロリー食品ばかり、そのくせお菓子などはしっかり食べてるんですよね。

私は誰もが認める「ちっぱい」でしたから、後からこの行為を悔やんでも悔やみきれませんでしたね

。その時は、ダイエットなどの行為は「当たり前」であって、身体の事などみじんも考えていなかったんです。

しかし、20歳になるころから、お菓子などは我慢してもお肉等は我慢しないようにしました。

栄養的な問題も改善されたのでしょうが、食事の時にいつも感じていた「我慢」というストレスが減ったのもとても良かったのだと思います。

徐々に徐々におっぱいも大きくなって、20代半ばくらいにはCカップのブラをつけるようになっていましたよ。知り合いの人は40代からカップ数が上がったという人もいますし、体質改善に「遅すぎる」という事はないんです。

3.栄養と生活を改善すればちっぱいは大きな理想通りのおっぱいになる

ちっぱいを大きくする方法の中でも最も大切な”生活と栄養”をきちんと考えて、行動を取ることで確実に理想とする豊かなおっぱいを手に入れることが可能となります。

しかし現代人の忙しい日々の中でちっぱいを大きくする方法を実行することは非常に難しく、難関なものです。

睡眠やストレス解消は気を付け始めたその日から、ある程度の改善ができますが、改善が難しいのが食生活です。

なぜなら、おっぱいの発育に良いとされる栄養素を天然の食材から摂取しようと思っても、その食材自体に栄養素がほとんど残っていないという事が多いからです。

多くの食材は安値で流通させるために、食材には様々な添加物が付与されていますし、栄養が十分でない状態で採取するのは基本’(店頭で熟した状態にする為)です。

つまり、栄養素を期待してその食材を食べても食べても効率的にその栄養を体内に取り入れる事ができていないケースが多々あります。

この様な理由から、その食材をいくら食べても「無駄なんだ・・・」「効果が無かった・・・」と諦めてしまう人がどれだけいることでしょう。

そこでおすすめしたいのがバストアップサプリメントのオーガニックレーベルです。

オーガニックレーベルは、健康バランスに良い栄養素が大量に含まれているため、非常に効果的にバストアップをすることが可能となります。

忙しい方であれば、ある程に積極的に摂りたいサプリメントです。

また、最近ではバストアップに特化した材料が各種配合されて、効果があった!という口コミが多く寄せられている優良サプリメントが増えてきています。

今、一番人気があるバストアップサプリメントはベルタさんの「ベルタプラエリア」ですね。

ベルタさんは、マタニティサプリメントや香醋等を使った健康食品などのヒット商品を多く手掛けているメーカーさんです。

このサプリメントだけで生活習慣を変えなくてもOK!ってわけではありませんのでご注意を。

しっかりと努力をすることで、こういったバストアップサプリメントが効いてくるんです。

おっぱいは女性らしさの象徴の一つですので、Cカップは欲しいと思う気持ちはよ~くわかります。(私は本当にCカップに憧れていました。Cカップになればもう他はどうでもいい!とまで思っていましたから。)

効果を感じている人が多いバストアップサプリメントを上手く利用して、女性らしいおっぱいを目指しましょう!



スポンサード リンク


ページTOPへ

「女優・モデルのメイク方法と美容の秘訣」TOPへ