加湿器がなくても保湿ができるテクニックa0800_000753

1.加湿する前に乾燥の目安

自分の部屋がどのくらい乾燥しているのか、特殊な機械や測るための特別な器具がついている加湿器がなければ具体的な乾燥の数値などを測ることができません

そのため自分の部屋の乾燥がどのくらいのレベルなのか確認することができず、結果的に乾燥したままの状態の部屋で過ごしてしまうという方も多いことでしょう。

そこでどのくらい部屋が乾燥しているのかを確認するための簡単な方法を紹介したいと思います。

それは氷水が入ったガラスもしくは金属製のコップを、部屋に放置した状態のままコップの周りにどのくらい水滴がつくのかを確認する方法です。

水滴が多くすぐに付着する場合、その部屋は比較的にあまり乾燥していないことからすごしやすい湿度であるといわれています。

これとは逆に2分以上経過した場合でも水滴の量が少ない、もしくは全く水滴が現れない場合は、部屋が非常に乾燥している可能性があります。

乾燥している場合はすぐに加湿を行う必要があります

また冬場などの寒い季節で部屋が寒い状態の場合は、氷水を放置しておくだけでも、どのくらい部屋が乾燥しているのかを確認することができます。

この方法で自分の部屋がどのくらい乾燥しているのかを知ることによって加湿をして肌の乾燥対策ケアをどのくらい頻繁に行えば良いのかなどを理解することができます。

肌ケアのためにも美しく綺麗な肌を常に手に入れるためにも、まずは自分の部屋がどのくらい乾燥しているのかを確認するようにしましょう。

2.加湿器がなくても部屋を保湿するケア

乾燥を避けて美しい肌を手に入れるためにも、まずは加湿をして部屋の乾燥を解消させる必要があります。

そのためにも

  • 洗濯物を部屋に干す
  • 観葉植物を置く
  • 洗面器やコップなどに水を入れて置く
  • 濡れたタオルを干す
  • 鍋料理を行う
  • お風呂場のドアを開放する

など生活をする中ですぐに行うことができる加湿を行いましょう

このような加湿は肌を綺麗にするための保湿ケアにも繋がるため、行うだけでも驚く程に乾燥を解消させることができ、美しい肌を手に入れることが可能となります。



スポンサード リンク


ページTOPへ

「女優・モデルのメイク方法と美容の秘訣」TOPへ