メイクでふっくらリップを演出する3つのテクニック13aefdc395e2782ff7f6b3620c67e2c8_s

1.リップメイクで大人っぽく見せたい!

大人っぽく見せるメイクと言われて思い浮かぶのは、やはりリップメイクではないでしょうか。平子理沙さんや石原さとみさんのような、ふっくらリップに憧れる女子はとても多く、雑誌でもよく唇をセクシーに見せる特集が組まれていますよね。

でも、グロスなどでツヤ感などは出せても、唇の厚みが変わるわけではないし…と諦めている人も多いのでは?

じつは唇のセクシーさに、実際の厚みはそれほど重要ではありません。ポイントを押さえれば、誰でも簡単に大人っぽさ満点のリップメイクができるんです

2.「奥行き」と「潤い」でセクシー&ふっくら

一時期流行った、「粘膜メイク」なるものを覚えているでしょうか。血色を意識し、潤んだようなセクシーさを強調させるこのメイク方法は、じつはふっくらリップメイクの際に参考になるポイントが2つあります。

それは「奥行き」と「潤い」。粘膜メイクでは、リップは外側と内側の色味をグラデーションのように変えています。内側の色味をより濃くすることで演出できる立体感こそ、ふっくらしたリップメイクに欠かせないポイントなのです。

では、どういうカラーを選べばいいのでしょうか。色選びで一番大切なのは、自分の肌に馴染むこと。肌から浮かずによく馴染むリップカラーは、手の親指の腹をぎゅっと押さえた色だと言われています。その色を基調に、グラデーションや上に乗せるグロスもチョイスしましょう。

見たままの発色にこだわりたいのであれば、口紅の前に唇用のコンシーラーの使用をおすすめします。カラーはリップブラシで乗せると、輪郭も美しく、グラデーションも作りやすくなりますよ。

3.リップだけでなく、トータルでセクシーさを演出する

リップメイクをセクシーに仕上げたいときは、他の部分のメイクにも気を配りましょう。唇だけが浮いてしまっていては、色っぽいよりも品のない印象を与えてしまいかねません。

素肌感を大切にした肌づくりをし、チークもほんのり上気したような感じになるよう、目元にそっと色を乗せてみてください。



スポンサード リンク


ページTOPへ

「女優・モデルのメイク方法と美容の秘訣」TOPへ