あなたは使ってる?コットンパックで保湿&毛穴対策a0002_008690

1.お肌悩みに、毎日のコットンパック

女子に年中つきまとってはなれない悩みの種、乾燥。湿度が低くなる秋冬だけではなく、エアコンが通年温度を管理している屋内にいると、春も夏も肌は乾燥の危機にさらされます。

肌が乾燥していると、くすみやしみ、たるみなど、他の肌悩みが強調されるので本当に困りますよね。

乾燥対策といえばパック。でも、口コミを見ると、効果のあるパックはやっぱり軒並みお値段がはります。

美容対策は毎日の継続が望ましいとはいえ、そうお金をかけられないのも実情。

そんな方におすすめしたいのが、定番として広まりつつあるコットンパックです。

2.コットンパックの効果

普段使っている化粧水を、コットンにしみ込ませて顔の上に置いておくだけ。どうしてこれだけで、いつも以上の美容効果が期待できるのでしょうか。

スキンケアの宣伝で謳われることの多い、水分補給という言葉がありますが、肌の表面から内側へ浸透する水分には限界があります。中には分子が大きいため、肌の表面を潤すのがせいいっぱいで、なかなかしみこまない製品も。

でも、パッティングなどでは充分浸透しないそんな化粧水も、時間をかければ肌を潤せる場合が多いのです。水分が長く触れていると肌はやわらかくなり、いつも以上に水分がしみ渡りやすい状態になります。

お風呂上がりの顔色がワントーン明るく見えることがあると思います。これも、蒸気でやわらかくなった皮膚に水分がたくさん蓄えられているからです。

コットンパックはこの原理を、化粧水だけで叶えてくれるのです。

方法もとてもお手軽です。パッティングなどに使うコットンを表裏の二枚に剥がし、化粧水に浸して顔に乗せます。あとは5分程度待つだけです。コットンが乾くようであれば、途中で化粧水を足しましょう。

注意が必要なのはパックの後。やわらかくなった肌は、水分を含みやすい半面、蒸発もしやすい傾向があります。コットンパックの後は、美容液やクリームなどでしっかり蓋をし、せっかくの潤いを逃がさないようにしましょう



スポンサード リンク


ページTOPへ

「女優・モデルのメイク方法と美容の秘訣」TOPへ